2018年06月10日

芝山鉄道と東成田駅

成田空港にある芝山鉄道に乗ってきました。

芝山鉄道は東成田駅と芝山千代田駅間、たった1駅を結ぶ、日本一短い鉄道です。
建設経緯は、複雑な空港建設の歴史的背景の中でできたようです。
京成とほぼ一体の運転系統なんだから、京成にしてもよさそうだけど、がら空きの電車を運行し続けるために、補助金とかいろいろな関係で別会社にしておく必要があるのかなと思いました。

京成成田駅から芝山千代田行きに乗りました。
日中は、京成成田と芝山千代田駅間を同じ電車が40分おきに往復しているようです。
京成成田から東成田までは、かつての空港乗り入れ線。どえらい高速で飛ばします。京急の快速特急を彷彿させる走りです。東成田までの運賃は260円。結構な距離です。
東成田-芝山千代田は約3分間、がら空きの電車はあっというまに着いてしまいました。こちらは200円。ICカードは使えないとのことだったので、きっぷは成田駅で通しで買っておきました。



ホームの先は行き止まりです。





延伸の可能性も残してはあるようですが。




改札で乗車記念証明書をいただき、レンタサイクルを借りたいと申し出ました。
芝山鉄道では観光客には自転車をタダで貸してくれます。



昔のようにすぐに折り返して帰るようなことは、最近はしません。
終着駅でのんびりしたいし、成田空港なのだから、飛行機を間近に見てみたいと思っていました。

親子連れなど、少ないながらも体験乗車の客もいます。
そういえば、芝山鉄道は必ず警官が添乗警備していると聞いていましたが、往復ともその姿は見ませんでした。
芝山千代田では10人程度が下車しました。

さて、まずは航空博物館へ自転車で向かいます。約2キロの道程は、多少のアップダウンがありました。そして、やたらに警察車両が走っています。これが日常なのでしょう。

航空博物館は入場料500円。まあまあの値段だけどJAF会員割引で半額になりました。
親子連れを中心にかなりにぎわっています。鉄道博物館もそうだけど、マニアよりも一般人が多いのは共通です。







私は飛行機は門外漢ですが、エンジンとかコックピットとかは興味あります。
747前頭部のぶつ切り断面はおもしろいです。

次は飛行機が見える丘なるところへ行きました。
マイカー客でそこもにぎわっています。
ニコンP900を持ってきているので、飛行機写真に挑戦です。


離陸したところ。


着陸するところ。

鉄道写真と勝手が違って、いやはや、難しい。
P900のばけものズームの超望遠撮影ですが、ファインダー内で思っていたよりも高速で被写体が移動するので、補足するのが難しいのです。
航空写真では、コンデジでは限界があるようで、やはり一眼レフとマニュアルフォーカスが容易な超望遠レンズが必要と痛感しました。コンデジではとにかくピントが狂いまくるのです。

適当に撮影した後、芝山千代田駅へ戻って、次は東成田駅へ向かいます。







車内はがら空き。



車窓からは駐機場の飛行機がよく見えます。





東成田駅で下車しました。
噂では聞いていたけれど、なんとも不思議な駅です。もともとは成田空港駅。往時の賑わいがウソのような空虚な空間です。反対側のホームは照明も消され閉鎖されています。昭和の空気感が構内に漂っています。









フェンスで仕切られた閉鎖されている真っ暗な空間には、使われなくなった資材が無造作に置いてあります。









賑わっていた往時の面影が見えます。



改札の横に、第2ターミナルへの連絡通路があります。



誰もいない長い通路。利用者はいるのでしょうか。そこを通って空港第2ターミナルへ向かいます。



「空港第2ビル駅まで500メートル」の看板があります。



果てしなく続く通路



あと400メートル。



直角に折れる地点。



通路は続くよどこまでも。監視カメラが無数に設置されています。
誰もいないと思ったけれど、途中2人、すれ違いました。観光客ではない普通の利用者のようでした。



あと200メートル。



あと100メートル。

終点に近づくにつれて、カートを押す音や人の声がたくさん聞こえてきます。





東成田駅からここへ到着すると別世界の喧騒が。



清潔で明るい空間が広がっていました。

東成田駅、とってもディープな空間です。
廃墟と秘境駅をあわせ持った雰囲気です。成田空港の歴史に翻弄された駅ではないでしょうか。



右がJR、左が京成、どちらもにぎわっています。
スイカでさっと入場し、JRで成田駅へ向かいました。



N'EXは成田駅のホームのない中線を通過して、空港駅へ走り去っていきました。

  

Posted by よっぱらいくま at 16:19Comments(0)TrackBack(0)乗車記 私鉄

2016年07月16日

京阪 京津線・石坂線

滋賀県内の京阪京津線と石山坂本線に乗ってきました。

浜大津駅は両線が交差します。
京都方面から京津線が道路を横切って到着。


坂本からの電車も到着。


浜大津駅は両線のジャンクション。
石坂線車内から浜大津を見る。京津線の入線待ちで一時停止。


こんな信号が点灯して、こちらも発車。




坂本駅の駅舎。どこかの大学の正門みたい。


浜大津手前の併用区間。線路ぎりぎりにお店が連なります。




石山寺駅。瀬田川のほとりにあり、名神高速と新幹線の橋が近くにあります。


こういうの、流行っていますね。一日乗車券も同じようなデザインです。


石山寺駅を発車。




石山を出て、東海道本線を跨ぐところ。




石坂線は路地裏のようなところを走り、交差する小道も数多く、多数の踏切確認灯があります。
それぞれ名称が表示されていて、風情のある名称が明朝体で表記されていて味があります。




膳所駅。隣はJR膳所駅と東海道本線。
かつて、ここからの京阪の線路位置が東海道線本線であり、浜大津から琵琶湖を汽船の連絡船で長浜へとつないでいました。



かわって京津線です。




浜大津を出て、併用区間を路面電車ではなくて在来線規格の大きな電車が走ります。


大谷駅付近の半径20の急カーブ。


急カーブには水を噴射しているところが多数ありました。




大谷駅で下車。急勾配の途中にあります。


右は国道1号線、左200メートルほど横には名神高速が走っています。
逢坂山越えの峠道は車ではなんでもないけれど、今の名神高速にほぼ沿って、明治時代最初の東海道本線が敷かれました。京津線の電車は急勾配仕様の特別な電車です。40~50パーミルくらいの坂がざらにあります。


うなぎ屋の看板。


大谷駅へ急勾配を下りながら進入する浜大津行き。




上栄町駅で下車。
急勾配が始まる区間にあり、ホームもかなり勾配があります。


併用区間から上栄町駅に進入。






併用区間と専用敷の分かれ目はこんな感じ。

電車内から見るとこうです。


JR大津駅へは、上栄町駅が最寄りです。歩いて10分もかかりません。
乗り換え途中の道も風情があります。

今回、京津線と石坂線に乗ったのは、タモリ倶楽部を観た影響でした。
  

Posted by よっぱらいくま at 18:02Comments(0)TrackBack(0)乗車記 私鉄

2013年08月25日

桜通線 延伸区間 野並-徳重

 恥ずかしながら、つい最近初めて、桜通線延伸区間の野並-徳重間に乗りました。
 開通から1年半くらい経っていますね。

 さて、乗ってみた感想です。
 ホーム幅がせまい。異常に狭い。最初からホームドア前提の構造なんだろうけれど、狭い。ホームドアなしではあり得ないです。軌間1067ミリの日本の在来線フル規格の鉄道、地下鉄としては、異常な狭さです。東京ならあり得ない。
 でもって、ホームドアがあるからさらに圧迫感があります。
 階段は1カ所、エスカレータが上り下り両方ある点は評価できるが、あれではエスカレーターかエレベーターの位置に乗降客が集中しそうだ。
 エスカレーターも上りは降車客が一度に集中することを配慮して2列規格だが、下りは分散するとの前提で1列規格だ。小規模な商業施設以外で、在来線フル規格鉄道のホームで1列規格のエスカレーターを見た記憶はない気がする。

 素人が見ても、もうすべてがコスト削減を第一に、建設費を抑えることしか頭にない設計だ。
 なんだか情けなくなってきた。
 桜通線の延伸区間はもう、「この先の延伸も、乗客増も絶対にありません」と断言しているような構造だ。将来性ゼロ。
 大丈夫か、名古屋市営地下鉄の将来はと、心配になってきます。
 とにかく掘削幅を極限まで狭くして、工事費を1円でも安くすることしか頭になかったのだろう。
 あんなみみっちい構造で延伸するくらいなら、そんなに金がもったいなら、最初から延伸なんかするなって言いたくなりました。

 あれで名古屋市が、「当初の予定からコスト縮減で建設費をいくら抑えました」なんて自慢していたらバカだ。あんなセコイ構造なら、そりゃさぞかし安上がりで出来たでしょうと皮肉りたくなります。
 あんなのはフル規格の日本の地下鉄ではない。軽便鉄道の地下鉄版みたいな安っぽい簡易ホームを備えた鉄道だ。
 ホームだけは、大井川鉄道の千頭-井川間みたいだ。

 徳重から名古屋方面に戻り、野並を過ぎてから、平成一桁の時代の設計の今池-野並までの区間に戻ると、本当にゆとりがあって、ほっとする駅空間に頼もしく感じました。
   

Posted by よっぱらいくま at 16:39Comments(0)TrackBack(0)乗車記 私鉄

2012年03月07日

アニメ聖地巡礼

今日のNHKのクローズアップ現代で、アニメ聖地巡礼とかを放送しました。
私がつい先日訪れた西岸駅が舞台の「ゆのさぎ駅」もしっかりとりあげていました。
いやはや、知らなかったです。今、そういうことがブームだとは。
私も知らずに、聖地巡礼をしてしまったのですね。
私が西岸駅を再訪したのは平日で、他に誰もいませんでしたが。

「花咲くいろは」もネットで調べました。名古屋でも中京テレビで放送していたんですね。

聖地巡礼でも、若者が旅していろいろな土地を訪れることは、よいことだと思います。
でも、テレビに登場した方々は、本当に典型的オタクさんですね。私も十分に鉄的にはオタクだし、マニアだと自負していますが。

いろいろな趣味があります。アニメ聖地巡礼も楽しそうです。

昔も、映画のロケ地めぐりとかはありましたね。
尾道三部作のロケ地めぐりとか、昔からありました。山陽本線の踏切を横切ってお寺に続く階段の場所を探したり、私も昔、したような記憶があります。山陽本線を走る115系が映画のシーンに映っていました。
「転校生」「時をかける少女」「さびしんぼう」、おじさんには、あの頃のほうが話題豊富です。
今のアニメ聖地巡礼は、やっぱりついていけません。残念ながら。宇宙戦艦ヤマト世代ですから・・・  

Posted by よっぱらいくま at 20:11Comments(0)TrackBack(0)乗車記 私鉄

2012年03月05日

のと中島駅

西岸駅とあわせて、のと中島駅も再訪しました。





ここは1年半前に初めて訪れた直後に、缶コーヒーのbossのコマーシャルでのと中島駅を舞台としたものが放送されました。
宇宙人ジョーンズさんが駅員に扮していました。



You tubeで検索すると、CMが観れます。


この駅は、日本で2両しか現存しない郵便車が保存、展示されています。








車内もイベント時には開放するようで、いろいろな品があります。





昔の客車そのものです。
トイレの扉も旧客そのもの。





冷水器もあったんですね。
一般には寝台車や特急には当たり前にあった施設ですが、現代は新幹線にも特急にも冷水器はありません。車内で水が飲みたくなったら、ペットボトルを買わざるを得ません。


昔の列車のトイレは垂れ流し。これは現代では絶滅しました。
汚いけれども、なんとも懐かしいです。
トイレの排出口です。客車の後ろに飛散しないような一応の構造にはなっていました。





トイレの部分です。




 







のと鉄道は、国鉄の雰囲気が残っています。
  

Posted by よっぱらいくま at 21:48Comments(0)TrackBack(0)乗車記 私鉄

2012年03月05日

西岸駅 萌え~

先日、久しぶりに、のと鉄道の西岸駅を再訪しました。
前回は1年半前の夏。
西岸駅は萌えな駅に変貌していました。

石川県限定かどうか知りませんが、「花咲くいろは」なるアニメ番組の舞台である「ゆのさぎ」駅として登場していたようです。
西岸の駅名看板も「ゆのさぎ」に換えてあるという念の入れようです。



以前はこうでした。角度が違いますが。



駅舎内もこんなふうに萌えなポスターだらけです。



ちなみに以前はこうでした。



いろいろなポスターやアルバムもたくさんです。










いやいや、再訪して驚いてしまいました。

のと鉄道もいろいろとがんばっています。

興味のある方は、車なんぞで行かずに、ぜひのと鉄道に乗って行きましょう。

がんばれ、のと鉄道。  

Posted by よっぱらいくま at 20:52Comments(0)TrackBack(0)乗車記 私鉄