2016年04月10日

名松線 復活

今回のダイヤ改正で、名松線の家城-伊勢奥津間が復旧した。
中部地方ではそれなりにニュースとなっていて、まずはめでたい。
正直、私としては北海道新幹線の開業よりも、こちらの方が嬉しかった。

名松線は、名張と松坂を結ぶことを目的に建設されたが、途中の伊勢奥津でストップしてしまった、中途半端な路線ではある。
台風で利用者の少ない末端区間が不通となり、放置されてきたが、地元とJRで負担しあってやっと復旧した。
民間企業のJRとしては復旧に金などかけず、、採算の見込めない区間は廃止したかったのだろう。
ニュースで観た地元の熱意、鉄道で行けるところへはクルマを使わずに、ぜひとも名松線を使ってほしいと思うけれど、いかんせん、本数が少ない。

そんな名松線、伊勢奥津駅を昭和61年に撮った写真があったので。










  
キハ58とキハ30の2両編成でした。






古い駅舎。この頃はローカル線では当たり前の風景でした。








駅前の風景






蒸気機関車時代の給水塔、木柱とホーローの駅名標





この先、名張まで結ばれることはなく・・・








松坂と伊勢奥津を結んでいた証

これらの風景が今でも残っていたら、歴史遺産として、肥薩線のようにしたら、観光客をたくさん呼べたのかもしれません。







  

Posted by よっぱらいくま at 15:08Comments(0)TrackBack(0)昔話と昔の写真 国鉄・JR

2016年04月09日

川越線 電化開業の日

昭和60年9月30日、川越線が電化開業、同時に大宮駅での地上ホームからの発着はなくなり地下ホーム発着となり、埼京線の開業と併せて、川越から池袋まで直通運転が開始しました。

こんなヘッドマークが付けられてました。



開業当日の川越駅西口。田舎駅舎でした。今では考えられない・・・


開業式典です。















開業前夜 キハ35系さよならは こちら  

Posted by よっぱらいくま at 17:36Comments(0)TrackBack(0)開業と廃止の日

2016年04月09日

川越線電化開業前夜

昭和60年9月29日、川越線の電化開業に伴い、キハ35系が廃止されました。

非電化最終日の様子です。



大宮駅 地上ホーム最期の表示。東飯能の表示も。



大宮駅でのお別れ式典。







到着した川越駅で、駅員さんとキハ35



川越駅では最終列車到着後、線路の改良工事が一晩行われました。
この様子を朝までホームで見物していました。
普段なら最終が着いたらいられないだろうけれど、この日は追い出されることもなく、特別の夜でした。










工事が終わり、一番電車が入線しました。



このあと、電化開業式典はこちら



  

Posted by よっぱらいくま at 17:35Comments(0)TrackBack(0)開業と廃止の日

2016年04月09日

川越線電化開業前 オイラン

前にも載せた気もしますが、川越線電化開業前の軌道限界測定車?通称オイラン列車です。
103系と無蓋貨車でつながっています。









昭和60年、川越線電化開業前の夏の日。
電化工事も終わり、このような珍しい列車を偶然見ました。
自転車で巡っていたときのものです。

  

Posted by よっぱらいくま at 17:35Comments(0)TrackBack(0)特殊車両・事業用車