2018年07月01日

熱海駅 新幹線今昔

熱海駅で新幹線を撮った写真が出てきました。
平成8年頃です。
あの頃は、0系、100系、300系が仲良く共存していました。
もう20年以上前なのですね。ほんの少し前のような気がしますが・・・。








こちらは1ケ月ほど前に撮影したもの。
昔の写真では、ホームには売店も弁当売り場もあることが確認できますが、現在はすべてありません。

  

Posted by よっぱらいくま at 15:35Comments(0)TrackBack(0)昔話と昔の写真 国鉄・JR

2018年04月15日

旧型電機

国鉄時代の車両がいよいよ全滅に近くなってきました。
この歳になって、昔の貨物列車に懐かしさをとても感じます。
もっと記録に残しておけばよかったと、後悔です。

昭和53年頃、東北本線 大宮-与野間でとったものです。
58、15などが元気に走っています。














こちらは、東海道本線 茅ヶ崎-平塚間です。

  

Posted by よっぱらいくま at 16:05Comments(0)TrackBack(0)昔話と昔の写真 国鉄・JR

2017年12月24日

在来線の特急たち 1980年代

各地で撮ったものです。


白鳥  青森駅



白鳥  金沢駅?



583 雷鳥  金沢駅



加越 金沢駅



583 有明 西鹿児島駅



にちりん 博多駅?





かもめ・みどり 肥前山口駅



金星 新下関駅付近



はやぶさ 名古屋駅



富士? 門司駅








  

Posted by よっぱらいくま at 15:35Comments(0)TrackBack(0)昔話と昔の写真 国鉄・JR

2017年12月24日

上野駅1980年代

東北新幹線開業前の、在来線が主役だった上野駅の名特急たちです。






















駅撮りでも楽しかったです。  

Posted by よっぱらいくま at 15:17Comments(0)TrackBack(0)昔話と昔の写真 国鉄・JR

2017年08月20日

1975年東京-有楽町間

東京駅から有楽町間で撮った写真です。


0系新幹線です






ボケていてよくわからないけれど、上の写真は101系の京浜東北線と山手線、下は103系の山手線です。  

Posted by よっぱらいくま at 15:53Comments(0)TrackBack(0)昔話と昔の写真 国鉄・JR

2017年07月17日

昭和55年九州

西鹿児島駅
今は「鹿児島中央駅」、新幹線が在来線と直角にホームがあります。
観覧車に駅ビルと、一変しました。



枕崎駅で、国鉄指宿枕崎線と鹿児島交通の気動車が並んでいるところ。



妻線 杉安駅



西鹿児島駅で発車を待つ「かいもん」号の20系寝台車



博多駅での583系寝台電車「なは」号



日田彦山線 添田駅停車中のキハ66



添田駅を発車した並行して走る添田線の気動車



湯前駅



夏休みが近づく今頃、昭和55年夏に九州ワイド周遊券を持って20日間、九州の国鉄に乗りまわったことを思い出します。
  

Posted by よっぱらいくま at 16:30Comments(0)TrackBack(0)昔話と昔の写真 国鉄・JR

2017年07月09日

香椎線、勝田線 宇美駅

香椎線と勝田線の宇美駅、勝田駅の昔の写真です。

香椎線の宇美駅と、勝田線の宇美駅は徒歩数分でしたが、離れていました。当時の時刻表では「100メートル離れています」と表記されていました。

香椎線 宇美駅 昭和55年


昭和59年


平成3年



勝田線 宇美駅
昭和55年




筑前勝田駅
昭和55年







昭和59年





平成3年 勝田線 廃線跡







  

Posted by よっぱらいくま at 16:23Comments(0)TrackBack(0)昔話と昔の写真 国鉄・JR

2017年07月09日

肥薩線大畑駅

スキャンした写真を見ていて、肥薩線大畑駅の写真を集めました。

昭和55年と平成3年に撮影したものを対比して並べました。

駅舎 





時刻表





ホームから
















ループ線案内標柱

昭和55年

以下は平成18年



  

Posted by よっぱらいくま at 15:19Comments(0)TrackBack(0)昔話と昔の写真 国鉄・JR

2016年04月10日

名松線 復活

今回のダイヤ改正で、名松線の家城-伊勢奥津間が復旧した。
中部地方ではそれなりにニュースとなっていて、まずはめでたい。
正直、私としては北海道新幹線の開業よりも、こちらの方が嬉しかった。

名松線は、名張と松坂を結ぶことを目的に建設されたが、途中の伊勢奥津でストップしてしまった、中途半端な路線ではある。
台風で利用者の少ない末端区間が不通となり、放置されてきたが、地元とJRで負担しあってやっと復旧した。
民間企業のJRとしては復旧に金などかけず、、採算の見込めない区間は廃止したかったのだろう。
ニュースで観た地元の熱意、鉄道で行けるところへはクルマを使わずに、ぜひとも名松線を使ってほしいと思うけれど、いかんせん、本数が少ない。

そんな名松線、伊勢奥津駅を昭和61年に撮った写真があったので。










  
キハ58とキハ30の2両編成でした。






古い駅舎。この頃はローカル線では当たり前の風景でした。








駅前の風景






蒸気機関車時代の給水塔、木柱とホーローの駅名標





この先、名張まで結ばれることはなく・・・








松坂と伊勢奥津を結んでいた証

これらの風景が今でも残っていたら、歴史遺産として、肥薩線のようにしたら、観光客をたくさん呼べたのかもしれません。







  

Posted by よっぱらいくま at 15:08Comments(0)TrackBack(0)昔話と昔の写真 国鉄・JR

2015年12月06日

昭和の首都圏

昭和50年代前半のものです。
東京近郊区間大回り乗車のときに撮ったものなどです。
はっきり言って、へたくそな写真ばかり。
今となっては貴重な風景ということで・・・



茅ヶ崎駅で発車を待つ、相模線の橋本行きのキハ20です。


同じくその車内。蛍光灯ではなく白熱灯の照明が天井にあります。



八王子駅で発車を待つ、八高線の高崎行きのキハ35です。



東飯能駅で発車を待つ、川越線の大宮行きのキハ35 900番台です。アルミ車体の試作車両でした。



品川駅で東京着のブルトレを、この場所でよく撮りました。背景の鉄橋は京浜急行の線路です。


品川駅ホームの田町よりからは、品川客車区で休む九州ブルトレ群を撮影できました。


新幹線も撮ったり。



場所を移動して、浜松町駅ホームから。
東海道線の電車、先頭に郵便荷物車も連結されていました。


ここからも新幹線を撮影。流し撮りの練習でもしていたのかな。


以下は、与野-大宮間です。

古~い、荷物電車。


20系の北陸号。




20系のあけぼの号。


ゴハチ牽引のなんでしょうか?


これもゴハチ牽引の20系。






EF15もたくさん走っていました。


旧客を牽くゴハチ。長距離鈍行か急行列車か?




  

Posted by よっぱらいくま at 16:13Comments(0)TrackBack(0)昔話と昔の写真 国鉄・JR

2015年11月15日

昭和の北海道2

昭和の北海道、続きです。


網走駅0番ホームの湧網線の気動車。
ローカル線は、始終点の幹線駅の0番ホーム発着が多かったです。



中湧別駅
湧別-中湧別間は盲腸線でした。


途中に「四号線」という臨時乗降場がありましたが、全国版時刻表には載っていないもので、北海道にはいくつかそういう駅がありました。





湧別駅は結構乗降客も多くて、立派な駅でした。



厚床駅





富内駅






日高町駅



十勝三股駅は、代行バスで運行を続けた列車運行休止線でしたが、そのまま本体そのもの廃止されました。
  

Posted by よっぱらいくま at 15:38Comments(0)TrackBack(0)昔話と昔の写真 国鉄・JR

2015年11月15日

昭和の北海道

「昭和の・・・シリーズ」です。

今回は北海道。
大学生のとき、乗りまわった北海道内の国鉄。
今は亡きローカル線も、多数写真があります。





湧網線 常呂駅



函館本線 森駅





名寄駅 
急行天北が増結されるところ



釧網本線
客車列車の交換















三菱 南大夕張駅
映画「駅」の世界そのものです。
寂れた炭鉱の街の夕景は、心に深く残っています。
私が、「効率」とか「競争」とか「改革」とか「コスト」とかいう世の中の風潮に疑問を持つきっかけとなった風景かもしれません。
宮脇俊三の著書の中に「不満の多い人は、一度夕張に行くとよい」というような趣旨のことが書かれていました。その言葉がよく理解できる、南大夕張駅前の風景でした。
3軸ボギー台車はジョイント音が、独特の走行音がしました。
普通の2軸台車なら、「タタッ、タタン」だけど、3軸は「タタタン、タタタン」と。
客車はストーブ列車、それが当たり前の風景でした。







音威子府駅に進入する急行「天北」は、晩年は14系客車になりました。
そして、直後に天北線は廃止されました。あれから30年近く経ちます。










  

Posted by よっぱらいくま at 15:26Comments(0)TrackBack(0)昔話と昔の写真 国鉄・JR

2015年11月14日

肥薩線

高校生のときに旅した肥薩線、人吉-吉松間です。
この頃は普通列車は、貨物と旧客が混結された混合列車でした。
さすがにこの頃でも、全国的に珍しいものでした。大畑駅周辺のループ線、真幸駅の京都の寺社庭園のごとき掃き清められ模様のついたホームなどなど、とても良い雰囲気の区間でした。
今ではそれを利用した観光路線に特化し、たくさんの観光客が訪れる路線となりました。

昭和55年の写真です。

真幸駅









大畑駅














矢岳駅





連結しているのは貨物




昭和58年頃
大学時代に行ったとき、駅長さんに駅舎内に招かれました。














  

Posted by よっぱらいくま at 17:21Comments(0)TrackBack(0)昔話と昔の写真 国鉄・JR

2015年11月08日

鉄道の蒸気暖房

鉄道の暖房は電気暖房が当たり前だが、ひと昔前まで走っていた客車列車の暖房は、機関車から供給される蒸気によるものだった。
20系の誕生以来、固定編成の客車は電源車から供給される電気による暖房となったり、北陸線や東北線の客車は旧型であっても、機関車から供給される電気暖房が併設され電気が主であった。機関車のSG非搭載が多かったのだろう。その代わり客車牽引用のED75などには、電暖供給中を示す機関車のオレンジ色の側灯が輝いていた。
晩年まで蒸気暖房だったのは、山陰本線や九州と北海道だった。

もともと蒸気機関車時代は、動力用の蒸気を客車にも回して暖房していた。しかし、ディーゼル機関車や電気機関車となると、暖房用の蒸気発生装置(SG:Steam Generetor)を搭載して蒸気を供給していた。

蒸気暖房は、客車の壁際の足元に沿ったカバーの中にパイプが通り、その中に蒸気を循環させて車内を暖めた。車内に流量調整用のバルブがあり、車掌さんがときおりバルブを調整して車内温度を保っていた。
蒸気暖房はとても心地よいもので、電気暖房よりも優しく感じた。真冬の朝、始発列車に乗り込むと、機関車が連結されて蒸気がパイプの中を循環し始めて、熱により冷えていたパイプが膨張する「カキン、パキン」という独特の音がしたものだ。あの雰囲気はよかった。

それと気動車も昔は基本、蒸気ではないけれど、エンジンの熱で温まるラジエーター水を車内に回して暖房していたので、電気暖房とは違う良さを感じます。こちらも車掌さんが車内のバルブを調整して車内温度を調整していました。
クルマと同じ仕組みですね。
でも、最近の気動車はエンジンで発電している電気を使った暖房なのかな?



蒸気暖房の列車です。


こんなふうに、各車両から蒸気をもうもうと吐き出していました。




機関車のSGから立ち上る蒸気。









ゴハチにもSGが搭載されていました。牽引している荷物列車は「貨物」ではなく、旅客列車です。



北海道のED76 500番台牽引、14系ニセコ号です。
地平ホーム時代の札幌駅。





はやぶさとの交換待ちの鹿児島本線単線区間の旧客列車も、冬は蒸気を吐いていました。


今でも、JR東のイベント用の蒸気機関車運転の旧型客車なら、蒸気暖房だと思います。客車が12系とかだとディーゼル発電機の電気暖房だから、蒸気は使いません。「北びわこ号」とかですね。
大井川鉄道の蒸気機関車なら、客車は蒸気暖房です。
  

Posted by よっぱらいくま at 16:25Comments(2)TrackBack(0)昔話と昔の写真 国鉄・JR

2015年10月25日

ブルトレブームの頃

昭和50年代、東京駅や上野駅には休日ともなればたくさんの子供たちが集まっていました。
中心層は小学生、中学生です。
発着するブルトレを見に、撮りに、たくさん集まっていました。







はやぶさは、神田方で機回しを済ませて、ヘッドマークを見せて神田方から入線します。












12番線のみずほは、品川方から機関車を先頭に東京駅12番線に入線後、機関車を切り離して機関車は神田方へ引き上げ、機回し線の11番線を通り、機関車は品川方へ、そして12番線にある客車に連結していました。
こういった一連の作業を見るのは、本当に楽しかったものです。

今は、機回し用のの11番線はおろか、12、13番線もありません。12、13番ホームは、東海道線の優等列車、特急を「特別急行」と呼んでいた頃の優等列車専用の、誉れ高いホームでした。夕方、さくら、はやぶさ、みずほと15分おきに出発していくさまは壮観でした。そして暗くなる頃、富士、あさかぜ、瀬戸、出雲と続き、深夜のトリは急行銀河でした。



さくらが発車を待つ12番線。ここでブルトレ群を眺めながら、心は九州を夢見ていました。


今、北斗星やトワイライトの廃止騒ぎとかに集まる世代よりも、はるかに低年齢層が主だったのが昭和のブルトレファンでした。大人は鉄道には一般に興味はなかった時代で、鉄道ファンを自認するのは憚れた時代でした。ブルトレは子供の趣味みたいな見られ方でした。
今は鉄道趣味が一般化して、昭和の時代には皆無だった女子の鉄道マニア、鉄子さんまで一般化するなんて、当時と比較すると夢のようです。  

Posted by よっぱらいくま at 14:59Comments(0)TrackBack(0)昔話と昔の写真 国鉄・JR

2015年10月24日

昭和の川越線 

大学生のとき、昭和58年頃でしょうか。
川越線の川越から大宮までの各駅舎を撮影しました。
鉄研の研究課題のため、先輩からの指令だったような気も・・・

川越駅西口

とってもローカルです。西口は国鉄の駅舎、東口は東武東上線の駅舎で、ともに共用でした。
西口は駅員がいないことがたびたびあって、無札でも通過できることが多かったです。
東武の東口がはるかに賑やかでした。
西口の風景、今では信じられないですね。


南古谷駅




指扇駅

入口の売店、キオスクが懐かしいです。


日進駅

こちらもキオスクがあります。

南古谷、指扇、日進、みんなほとんど同じ構造の駅舎ですね。


大宮駅

西口(新幹線口)です。まだ東北新幹線が開業して間もない頃です。



荒川橋梁での風景

のどかな3両編成です。



貨物列車も走っていました。



沿線にはハエタタキの残骸が残っています。
  

Posted by よっぱらいくま at 17:10Comments(0)TrackBack(0)昔話と昔の写真 国鉄・JR

2015年09月02日

山陰本線 仁万駅

山陰本線の仁万駅。
なんの変哲もない、ローカル駅。

昭和59年頃、大学生の時に撮ったこの写真。



50系客車を牽くDD51、良い絵です。
結構気に入ってます。
この頃は、たくさん高校生が乗っていました。
ちょうど下校時間です。
今は少子化の影響か、ローカル線に乗っても通学の高校生の数は昔に比べて減ったように思います。


これは平成10年にクルマの旅の途中に立ち寄った仁万駅での写真。




だいたい同じ場所ではないでしょうか。
両方の写真とも、季節と撮影時刻はほぼ同じの夕方です。

約30年前と、約15年前、今はどうなんでしょうか。
15年前は走っていたキハ58も、今はありません。


  

Posted by よっぱらいくま at 20:35Comments(0)TrackBack(0)昔話と昔の写真 国鉄・JR

2015年08月15日

ユーロライナーのこと

今は存在していないと思うけれど、JR東海には「ユーロライナー」という客車がありました。
座席や個室寝台や最後部展望席もあった楽しい車両でした。

平成2年の冬、名古屋駅発長野行のシュプール号として運転されたときに、ユーロライナーに乗りました。
その時の写真を、フィルムスキャンしていて見つけました。
列車名は「シュプール ユーロ赤倉志賀」です。
ユーロ塗装の中央線用のEF64が牽引機です。




職場の人と四人で乗り込みました。目的は野沢温泉でのスキー。
車内で始まった大宴会。
まったく記憶に残っていなかったけれど、写真は残っています。
サロン室?娯楽室?食堂車?(食堂車はなかったなあ)、なんだかわからないけれど、そこでカラオケなんかをやっています。




歌っているのは、まだ20代だった頃の私。
この写真を発見するまで、まったく記憶にありませんでした。列車の中で歌ったのは、後にも先にも、このときだけだと思います。
タダで歌えたのか、他の客といっしょだったのか、システムはとうだったのか、スナックみたいだったのか、セルフサービスだったのかまったくわかりません。記憶がありません。
車掌さんも笑っています。




カウンターみたいな、テーブルがあって、やっぱりスナックみたいです。有料だったのかなあ。




中央西線、名古屋と長野の間は急行「きそ」という夜行列車が昔、ありました。それが廃止されたのちも、大阪ー長野間の夜行急行「ちくま」があったけれど、これもずっと前に廃止されましたが、この頃はまだ走っていました。
このユーロライナーもそういう列車の臨時スジみたいに運行されていたのかな。時刻表とかは残っていません。
(探したらあるかも・・・)

シュプール号という列車。バブルの頃は各地で走っていた、特にJR西と東がたくさん走らせていた記憶があるけれど、この制度もなくなって久しいです。
  

Posted by よっぱらいくま at 11:10Comments(0)TrackBack(0)昔話と昔の写真 国鉄・JR

2015年08月06日

川越線 昔景色

ネガをスキャンした写真を見ていて、見つけたものです。





背景に見える川越駅西口、ど田舎の風景です。
現在は駅前広場が整備され、立体遊歩道やビルが林立しています。
今、同じ位置を特定することも難しいし、このように駅前を見通せる写真を撮ることは、不可能です。



キハ35の車内。
今では信じられないくらい空いていて、のどかです。
この頃は日中は1時間に1本、走っているかどうかでした。



沿線にはハエタタキも残っていました。



大宮駅も今とは雰囲気が違います。
ホームの長椅子、その横のゴミ箱(分別なんて概念はなかった)、そして水飲み。
ホームの水飲みはどこでも必ずあって、喉を潤おせました。今はまずありません。冷水器も見かけなくなりましたね。デパートの階段の踊り場とかに必ずあったのに。
水は金を出してペットボトルを買え、という時代になってしまいました。水道水を飲みたがらない人が増えたせいもあるとおもうけれど。


これらの写真は昭和52年頃かな。
私が中学生の頃。  

Posted by よっぱらいくま at 21:02Comments(0)TrackBack(0)昔話と昔の写真 国鉄・JR

2015年07月23日