2021年01月31日

大垣夜行廃止の報を聞いて

ついに、東京-大垣間の夜行鈍行が廃止となるそうです。
新聞などでも思い出話しがとりあげられています。
私も大垣夜行には思い出がいっぱいです。

私にとっては、347M、375Mといった列車番号での呼び方がなじみ深いです。
初めて乗った高校生から大学生にかけては347Mだったです。ダイヤ改正で375Mになったと思います。昭和55年から60年頃のことです。
その他にも「ガキ電」、「大垣夜行」とか言われていました。私は、鉄道仲間との会話では「347で行こうか」とか言うのが日常でした。

1996年、平成8年3月、165系での運用が終焉を迎える372M東京行きを、大垣駅で撮影した写真です。私にとっての165系での運用での大垣夜行最後のお名残乗車でした。
特に混むこともない、普段通りの姿でした。






先頭車には急行東海用のヘッドマーク取り付け台がそのまま。






大垣夜行165系での運用が終わるのと合わせて、急行東海も165系での運用は終わりとなりました。
165系での運用での最終日には、静岡から急行東海4号にお別れ乗車しました。

同日、165系運用での最期の大垣夜行の発車を、品川駅で見送りました。






1996年3月ダイヤ改正から、165系から373系特急車両に代わり、東京発車時点では全車指定席となりました。
居住性もよくなり、自由席を求めて早くからホームで並んで待つ必要もなくなりました。
その後、185系での運用になったり、晩年は青春18きっぷ用の季節運転となり現在に至っていました。
そしてこのコロナ渦の中、昨年3月以降は運転休止が続いていたとのこと。
お別れイベントもなく、そのまま廃止とは、なんかむなしくなりますね。

実は私、この1996年ダイヤ改正以降、大垣夜行には一度も乗っていません。
なんか、165系じゃないと大垣夜行ではないという強い思い、頑固な考えがありました。
165系運用の廃止からもう25年、四半世紀も経つんですね。

私にとっては、1996年の165系での運用の廃止が、大垣夜行、347M、375Mの廃止だったんです。

JRは廃止の理由を「客の行動様式の変化で、列車の使命が薄れた」、「車両の老朽化」をあげているけれど、要は利益追求の足かせとなっているのが本音でしょう。
たしかに185系の廃止は理由として大きいでしょう。
夜行バス全盛のこの時代でも、サンライズ出雲・瀬戸の需要は高いし、実際いつもほぼ満員の状態。大垣夜行は深夜帯の静岡や浜松駅を開けなければならずそのコスト、そして季節運転だから、その要員運用とかも面倒だったのでしょう。車両ならいくらでも代替があるはずです。
指定券が安いから、一人でも隣の席の指定券も確保するような輩も多かったと聞きます。

夜行列車の需要は間違いなくあるのに、廃止していくのは「客の行動様式の変化で、列車の使命が薄れた」のではなく、ただただJRの都合と思います。列車運用、乗務員運用、停車駅の要員確保等々、1本の夜行鈍行のための、手間とコストが大きすぎるのが現実で、それが廃止の理由だと思います。
JR東日本と東海をまたがって走るところも廃止要因としては大きいと思います。
ブルトレが廃止されたときも同様の言い訳をしていたけれど、もしブルトレが何本も健在だったら、高輪ゲートウェイ駅も上野東京ラインも難しかったでしょう。客が減ったのではなく、JRの都合で廃止されていくのです。

国鉄がJRに変わる前、政府は「夜行列車はなくしません」、「不便になることはありません」と約束していたのに、これが現実。政治というものはまったく信用できません。ま、JRは民間会社だから、こうなるのは自明の理でしょうね。




  

Posted by よっぱらいくま at 11:23Comments(0)TrackBack(0)昔話と昔の写真 国鉄・JR

2020年05月01日

昔の米原駅

「昔の」としたけれど、私にとっては、つい最近の気がしますがもう相当前のことです。
前にも載せた写真もありますが・・・。





新幹線口と反対側の東口は、昔のままでした。
平成一桁まではこんな感じでした。

夜の駅前風景。なんとレトロな。








東海道本線下り1番線は、新幹線の開業前は、「つばめ」が通過したり、「はと」が停車してにぎわっていました。
ホームには洗面台もあって、往時の雰囲気が残っていました。
今は跡形もありません。

乗換通路も今はありません。










東海の117系と西の117系が並びます。
その奥は北陸本線の交直両用車と西の221系が。




SL北びわこ号の歴史は結構、古いです。



  

Posted by よっぱらいくま at 16:50Comments(0)TrackBack(0)昔話と昔の写真 国鉄・JR

2020年04月19日

昭和の品川駅にて

 鉄道ジャーナルで品川駅を特集しています。

 それを読んで、昔の品川駅で撮った写真を探しました。

 川崎方にて、早朝から到着するブルトレです。


銀河


瀬戸


あさかぜ


みずほ



東京方にて、品川客車区を望む。
今は高輪ゲートウェイ駅前の再開発エリアのあたりかなあ。





新幹線に品川駅ができる前、0系が当たり前の時代。


品川駅臨時ホームでビアガーデンが開催されていたお話はこちら


  

Posted by よっぱらいくま at 09:06Comments(0)TrackBack(0)昔話と昔の写真 国鉄・JR

2019年06月09日

国鉄型 駅名標 四国編

国鉄型駅名標、四国編です。
少ないです。

本州編はこちら

北海道編はこちら

九州編はこちら



高徳線




高徳線




土讃線

  

Posted by よっぱらいくま at 14:35Comments(0)TrackBack(0)昔話と昔の写真 国鉄・JR

2019年06月09日

国鉄型 駅名標 北海道編

国鉄型駅名標、北海道編です。

本州編はこちら

九州編はこちら

四国編はこちら


函館本線
滋賀県のマキノと同じく、カタカナ地名、駅名です。





根室本線




広尾線(廃止)
幸福駅入場券や、愛国から幸福行きのきっぷが一大ブームとなりました。





広尾線(廃止)




士幌線(廃止)




宗谷本線




士幌線(撮影時 鉄道は休止 バス代行)




函館本線




広尾線(廃止)




根室本線




三菱石炭鉱業  大夕張鉄道線(廃止)




富内線(廃止)




函館本線




瀬棚線(廃止)




白糠線(廃止)




石北本線、釧網本線









名寄本線(廃止)



夕張線(廃止)




函館本線




地北線(廃止)




釧網本線




標津線(廃止)




湧網線(廃止)




釧網本線(現 川湯温泉)




名寄本線(廃止)
仮乗降場駅です。



国鉄駅名五十音順、最後の駅です。

  

Posted by よっぱらいくま at 14:34Comments(0)TrackBack(0)昔話と昔の写真 国鉄・JR

2019年06月09日

国鉄型 駅名標 九州編

国鉄型駅名標 九州編です。

本州編はこちら

北海道編はこちら

四国編はこちら



肥薩線



肥薩線



肥薩線



肥薩線



肥薩線
肥薩線の人吉-吉松間は日本三大車窓と言われていました。





日田彦山線、(伊田線、田川線 現 平成筑豊鉄道)



日豊本線
日本のアメリカ USAです。




日豊本線



鹿児島本線



長崎本線



筑豊本線、篠栗線



日田彦山線、後藤寺線



日豊本線



佐世保線



高森線(現 南阿蘇鉄道)



矢部線(廃止)



佐世保線



妻線(廃止)



三角線



唐津線、筑肥線



鹿児島本線、日豊本線



室木線(廃止)



篠栗線



指宿枕崎線



妻線(廃止)



香椎線



鹿児島本線



勝田線(廃止)




宮原線(廃止)



日豊本線



筑豊本線



宮原線(廃止)



長崎本線、佐世保線



松浦線(現 松浦鉄道)



佐世保線



宮原線(廃止)



久大本線



日豊本線



宮原線(廃止)



指宿枕崎線、鹿児島交通




日豊本線



鹿児島本線、山陽本線



鹿児島本線


大隅線(廃止)



  

Posted by よっぱらいくま at 14:34Comments(0)TrackBack(0)昔話と昔の写真 国鉄・JR

2019年06月09日

国鉄型 駅名標 本州編

国鉄民営化から30年以上過ぎて、今や絶滅したと思われる国鉄時代の駅名標を集めました。
今はこういう研究も鉄道趣味の一分野になっています。
それでは一挙大公開。昭和50年代の撮影です。
まずは本州編。


湖西線
まずは珍しいところから。
滋賀県のマキノ。珍しいカタカナの地名をそのまま駅名に。ひらがな表記が標準なので、下の漢字であるべきところはカタカナ。


こちらはカタカナのみの表記です。



東北本線(現 IGRいわて銀河鉄道、青い森鉄道)
東北本線の県境の小駅。現在は、IGRいわて銀河鉄道と青い森鉄道の境界駅ですが、この駅始発終着列車はありません。


以降はランダムに並べます。


小海線


山陽本線


常磐線、成田線





富山港線




山陰本線



高崎線、上越線、信越本線



東海道本線



東北本線(現 IGRいわて銀河鉄道)



木次線



信越本線(現 しなの鉄道)、小海線



小海線



信越本線(現 しなの鉄道)



総武本線、東金線



篠ノ井線



東北本線



川越線



外房線、東金線



中央本線



信越本線


八高線



東海道本線



奥羽本線



北陸本線(現 IRいしかわ鉄道)


九州編はこちら

北海道編はこちら

四国編はこちら
  

Posted by よっぱらいくま at 14:34Comments(0)TrackBack(0)昔話と昔の写真 国鉄・JR

2019年04月20日

懐かしい写真 ブルトレ他


柏原-近江長岡間



金谷-菊川間



関ケ原-柏原間



大垣駅 (三脚使用)



穂積-大垣間



山陰本線のどかの駅



同じく山陰本線のどこかの駅

みんな30年くらい昔の写真。
窓が開く、冷房のない客車列車での旅、よかったなあ。  

Posted by よっぱらいくま at 17:13Comments(0)TrackBack(0)昔話と昔の写真 国鉄・JR

2019年04月14日

懐かしい写真 新幹線

ヒマになると、
ハードディスクに保存してある、スキャンした昔のネガを眺めています。

そんな中、懐かしいなあと思うものをランダムに載せます。




100系新幹線、背後にはひと世代前の東京駅丸の内駅舎が見えます。
私はこの東京駅を見ながら長いこと生きてきたので、現在の初代デザインよりもこちらの方が馴染みがあります。
東北新幹線ホームも工事中です。





0系って、かわいいですね。



柏原-近江長岡間にて
0系と100系のすれ違い。

平成が始まった、元年に撮影。
30年の時を経て、令和が始まります。  

Posted by よっぱらいくま at 15:17Comments(0)TrackBack(0)昔話と昔の写真 国鉄・JR

2018年07月01日

熱海駅 新幹線今昔

熱海駅で新幹線を撮った写真が出てきました。
平成8年頃です。
あの頃は、0系、100系、300系が仲良く共存していました。
もう20年以上前なのですね。ほんの少し前のような気がしますが・・・。








こちらは1ケ月ほど前に撮影したもの。
昔の写真では、ホームには売店も弁当売り場もあることが確認できますが、現在はすべてありません。

  

Posted by よっぱらいくま at 15:35Comments(0)TrackBack(0)昔話と昔の写真 国鉄・JR

2018年04月15日

旧型電機

国鉄時代の車両がいよいよ全滅に近くなってきました。
この歳になって、昔の貨物列車に懐かしさをとても感じます。
もっと記録に残しておけばよかったと、後悔です。

昭和53年頃、東北本線 大宮-与野間でとったものです。
58、15などが元気に走っています。














こちらは、東海道本線 茅ヶ崎-平塚間です。

  

Posted by よっぱらいくま at 16:05Comments(1)TrackBack(0)昔話と昔の写真 国鉄・JR

2017年12月24日

在来線の特急たち 1980年代

各地で撮ったものです。


白鳥  青森駅



白鳥  金沢駅?



583 雷鳥  金沢駅



加越 金沢駅



583 有明 西鹿児島駅



にちりん 博多駅?





かもめ・みどり 肥前山口駅



金星 新下関駅付近



はやぶさ 名古屋駅



富士? 門司駅








  

Posted by よっぱらいくま at 15:35Comments(0)TrackBack(0)昔話と昔の写真 国鉄・JR

2017年12月24日

上野駅1980年代

東北新幹線開業前の、在来線が主役だった上野駅の名特急たちです。






















駅撮りでも楽しかったです。  

Posted by よっぱらいくま at 15:17Comments(0)TrackBack(0)昔話と昔の写真 国鉄・JR

2017年08月20日

1975年東京-有楽町間

東京駅から有楽町間で撮った写真です。


0系新幹線です






ボケていてよくわからないけれど、上の写真は101系の京浜東北線と山手線、下は103系の山手線です。  

Posted by よっぱらいくま at 15:53Comments(0)TrackBack(0)昔話と昔の写真 国鉄・JR

2017年07月17日

昭和55年九州

西鹿児島駅
今は「鹿児島中央駅」、新幹線が在来線と直角にホームがあります。
観覧車に駅ビルと、一変しました。



枕崎駅で、国鉄指宿枕崎線と鹿児島交通の気動車が並んでいるところ。



妻線 杉安駅



西鹿児島駅で発車を待つ「かいもん」号の20系寝台車



博多駅での583系寝台電車「なは」号



日田彦山線 添田駅停車中のキハ66



添田駅を発車した並行して走る添田線の気動車



湯前駅



夏休みが近づく今頃、昭和55年夏に九州ワイド周遊券を持って20日間、九州の国鉄に乗りまわったことを思い出します。
  

Posted by よっぱらいくま at 16:30Comments(0)TrackBack(0)昔話と昔の写真 国鉄・JR

2017年07月09日

香椎線、勝田線 宇美駅

香椎線と勝田線の宇美駅、勝田駅の昔の写真です。

香椎線の宇美駅と、勝田線の宇美駅は徒歩数分でしたが、離れていました。当時の時刻表では「100メートル離れています」と表記されていました。

香椎線 宇美駅 昭和55年


昭和59年


平成3年



勝田線 宇美駅
昭和55年




筑前勝田駅
昭和55年







昭和59年





平成3年 勝田線 廃線跡







  

Posted by よっぱらいくま at 16:23Comments(0)TrackBack(0)昔話と昔の写真 国鉄・JR

2017年07月09日

肥薩線大畑駅

スキャンした写真を見ていて、肥薩線大畑駅の写真を集めました。

昭和55年と平成3年に撮影したものを対比して並べました。

駅舎 





時刻表





ホームから
















ループ線案内標柱

昭和55年

以下は平成18年



  

Posted by よっぱらいくま at 15:19Comments(0)TrackBack(0)昔話と昔の写真 国鉄・JR

2016年04月10日

名松線 復活

今回のダイヤ改正で、名松線の家城-伊勢奥津間が復旧した。
中部地方ではそれなりにニュースとなっていて、まずはめでたい。
正直、私としては北海道新幹線の開業よりも、こちらの方が嬉しかった。

名松線は、名張と松坂を結ぶことを目的に建設されたが、途中の伊勢奥津でストップしてしまった、中途半端な路線ではある。
台風で利用者の少ない末端区間が不通となり、放置されてきたが、地元とJRで負担しあってやっと復旧した。
民間企業のJRとしては復旧に金などかけず、、採算の見込めない区間は廃止したかったのだろう。
ニュースで観た地元の熱意、鉄道で行けるところへはクルマを使わずに、ぜひとも名松線を使ってほしいと思うけれど、いかんせん、本数が少ない。

そんな名松線、伊勢奥津駅を昭和61年に撮った写真があったので。










  
キハ58とキハ30の2両編成でした。






古い駅舎。この頃はローカル線では当たり前の風景でした。








駅前の風景






蒸気機関車時代の給水塔、木柱とホーローの駅名標





この先、名張まで結ばれることはなく・・・








松坂と伊勢奥津を結んでいた証

これらの風景が今でも残っていたら、歴史遺産として、肥薩線のようにしたら、観光客をたくさん呼べたのかもしれません。







  

Posted by よっぱらいくま at 15:08Comments(0)TrackBack(0)昔話と昔の写真 国鉄・JR

2015年12月06日

昭和の首都圏

昭和50年代前半のものです。
東京近郊区間大回り乗車のときに撮ったものなどです。
はっきり言って、へたくそな写真ばかり。
今となっては貴重な風景ということで・・・



茅ヶ崎駅で発車を待つ、相模線の橋本行きのキハ20です。


同じくその車内。蛍光灯ではなく白熱灯の照明が天井にあります。



八王子駅で発車を待つ、八高線の高崎行きのキハ35です。



東飯能駅で発車を待つ、川越線の大宮行きのキハ35 900番台です。アルミ車体の試作車両でした。



品川駅で東京着のブルトレを、この場所でよく撮りました。背景の鉄橋は京浜急行の線路です。


品川駅ホームの田町よりからは、品川客車区で休む九州ブルトレ群を撮影できました。


新幹線も撮ったり。



場所を移動して、浜松町駅ホームから。
東海道線の電車、先頭に郵便荷物車も連結されていました。


ここからも新幹線を撮影。流し撮りの練習でもしていたのかな。


以下は、与野-大宮間です。

古~い、荷物電車。


20系の北陸号。




20系のあけぼの号。


ゴハチ牽引のなんでしょうか?


これもゴハチ牽引の20系。






EF15もたくさん走っていました。


旧客を牽くゴハチ。長距離鈍行か急行列車か?




  

Posted by よっぱらいくま at 16:13Comments(0)TrackBack(0)昔話と昔の写真 国鉄・JR

2015年11月15日

昭和の北海道2

昭和の北海道、続きです。


網走駅0番ホームの湧網線の気動車。
ローカル線は、始終点の幹線駅の0番ホーム発着が多かったです。



中湧別駅
湧別-中湧別間は盲腸線でした。


途中に「四号線」という臨時乗降場がありましたが、全国版時刻表には載っていないもので、北海道にはいくつかそういう駅がありました。





湧別駅は結構乗降客も多くて、立派な駅でした。



厚床駅





富内駅






日高町駅



十勝三股駅は、代行バスで運行を続けた列車運行休止線でしたが、そのまま本体そのもの廃止されました。
  

Posted by よっぱらいくま at 15:38Comments(0)TrackBack(0)昔話と昔の写真 国鉄・JR