2015年02月01日

発掘 昔の鉄資料3

箱漁りの続き


JR東日本のEEきっぷ。これは重宝しました。新幹線の自由席まで乗り放題で2日間1万円。これを使って青函連絡船に何度乗りに行ったことか。




JR発足時の東海のパンフ。


記念オレカの台紙です。



昭和61年、このイベントで東海道本線 名古屋-武豊、名古屋-木曽川を蒸気機関車が走りました。



南大夕張まで乗った昭和58年頃。
きっぷ類がたくさん入った封筒が、たしか200円くらいでたくさん売っていたような。



青春18もいろいろなパンフがありました。





昭和63年3月13日、青函トンネル開業のとき集めたもの





私が大学生の頃までは、東上線をセメント貨物列車が走っていました。
記念きっぷの裏は貨物車標です。



白滝駅にあった配布用時刻表
コピーが青焼きです。今よりも断然、停車する本数が多いです。





青函トンネル開通時のJR東日本とJR北海道の記念乗車証。





東上線と営団有楽町線が和光市で相互直通運転を開始したときの記念きっぷ


  

Posted by よっぱらいくま at 15:58Comments(0)TrackBack(0)収集品

2014年09月21日

発掘 昔の鉄資料2

段ポールをあさって出てきたものをまた紹介。













パスポートの様式の青函トンネル体験記念証です。







こちらも青函トンネル体験記念証。





JR北海道のリゾート特急の入場券。今、現役車両はあるのかな?



  

  

鹿児島本線の特急つばめのビュッフェメニュー。
九州新幹線が開業するまでは、鹿児島本線は特急つばめが活躍していました。
JR九州の特急は独特です。






パリ、モンパルナスからサンマロまでの2等乗車券とTGVのレンヌまでの指定券。
下は帰りのサンマロからモンパルナスまでの乗車券とレンヌからの指定券。帰りは1等車。

  

Posted by よっぱらいくま at 15:16Comments(0)TrackBack(0)収集品

2014年08月31日

発掘 昔の鉄資料

 古い時刻表とともに駅弁包みとか入っていた箱には、たくさんの古いパンフ類もありました。
 とても全部スキャナーで電子データとして読み込むのも大変なので、小出しに紹介します。




青春18きっぷのパンフ。旅先の北海道版。
旧客がまだ、たくさん走っていた時代です。






JR米子支社のオレンジカードのパンフ。
JR西米子はアイドルのオレカの発行に熱心でした。
昭和の末期か平成の初め頃です。






車内に落ちていて、拾ったものです。
2つに破り捨てられていました。
車販の車内放送の暗ちょこでしょう。
富山の・・・ってあるから、きっとしらさぎ号か雷鳥号の車内で拾ったのかな。
若い女の子っぽい字です。
この頃はまだ、食堂車も営業していた時代のはずです。  

Posted by よっぱらいくま at 12:49Comments(0)TrackBack(0)収集品