2020年09月22日

しらゆき号で上越妙高、新幹線で金沢へ

常磐線・秋田内陸縦貫鉄道・日本海縦貫線の旅


新潟から上越妙高へしらゆき号の旅。所要時間はぴったり2時間。




新津駅構内には、磐越西線用のGV何系という電気式気動車の新車が大量に止まっています。
1年前までは、キハ40系が止まっていたのになあ。



信越本線には、国鉄時代のままの長大なホームがたくさん残っています。
今の短編成の電車相手には持て余しています。


ホーム両端は、客車時代のままの低いホーム






115系の姿も。




柏崎-直江津間は、しばしば海沿いを走ります。








米山駅は海の間近。


上越妙高駅



はくたか自由席は、空いていました。

金沢到着。

いつもより下車客は少なめでした。

  

Posted by よっぱらいくま at 17:41Comments(0)TrackBack(0)旅行記

2020年09月22日

新潟駅

常磐線・秋田内陸縦貫鉄道・日本海縦貫線の旅


国鉄時代の鉄道管理局時代の駅舎が残る新潟駅。




高架化工事の途上です。新幹線と在来線が平面、同一ホームで乗り換えられるようになっていました。


在来線ホームも高架ホームです。


しかし、しらゆき号と信越線は地平ホームのままです。




  

Posted by よっぱらいくま at 17:40Comments(0)TrackBack(0)旅行記

2020年09月22日

酒田から新潟へ 特急いなほ号の旅

常磐線・秋田内陸縦貫鉄道・日本海縦貫線の旅


この区間のいなほ号に乗ったことは、過去にはたぶん1度だけ。485系でした。
冬の夜間帯だったので景色は見えませんでした。それにたっぷり酒飲んでいたし。



12時間遅れのトワイライトエクスプレスでも通ったことあります。

酒田駅で下車したのは初めて。






売店もやっていて、午前中だけどビールを買っちゃいました。


日本海縦貫線、コンテナ貨物列車が止まっています。







グリーン車をのぞいて見ました。無人、客ゼロ。
座席は配置2-1で広く、前後の席の間にパーティションもあり、快適そうです。
海側は2列席です。



海沿いの景色を見ながら。やっぱり701系電車よりいいわ。
佐渡島が遠くに見えます。









日本海沿いの景色はやっぱり陰鬱に感じてしまうのは、偏見だろうか。


間島-村上間のデッドセクションを通過する前に、電源切換のためにいったん車内の照明が消えますとの、丁寧な車内放送がありました。
乗っていたのが電動車ではなかったのか、特に切換音はしませんでした。485系だとか古い車両はバコンとでかい音が車内に響いていたけれど。
切換標識の写真も撮れました。


交流から直流へ。
糸魚川-梶屋敷間みたいに、「突入ヨーイ!」といった勇ましい表示はありませんでした、たぶん。

下り線側の直流から交流の標識も撮れました。





羽越本線の特急停車駅にはこんな駅名標が。
次駅表示が特急停車駅なので戸惑いました。


本来の次駅はこちら


新潟駅到着前の複雑な構内の配線は、まったく理解できません。
新潟駅は、同じ長岡方面でも、新幹線と信越本線では逆方向に発車していくし。
  

Posted by よっぱらいくま at 17:40Comments(0)TrackBack(0)旅行記

2020年09月22日

701系 秋田-酒田の旅

常磐線・秋田内陸縦貫鉄道・日本海縦貫線の旅


忌み嫌う701系電車に、秋田から酒田まで乗りました。
特急いなほ号で行きたいところだけど、新潟13時06分発のしらゆき6号に乗るためには、秋田を一番に出る10時35分発のいなほ号では間に合わないということで、秋田6時50分発の普通に乗って酒田まで行くというはめになったのです。
おかげでホテルで朝食も摂れず、コンビニのサンドイッチを口に放り込むだけとという、旅先としてはさびしいものでした。




日曜日の早朝ということで、乗客はまばらです。
覚悟していたからか、空いていて快適だからか、2時間は、あっという間というほどでもないけれど、そこそこ楽しんだ感じでした。
少なくとも、東京-名古屋間1時間35分の、のぞみ号に乗っているよりも楽しかったかな。






仁賀保付近、ここに限らず海岸沿いの景色が楽しめるけれど、ロングシートではねえ。


吹浦付近


金浦駅、駅前になぜかペンギンさんが。


携帯使用の注意書きステッカーは、折りたたみではないガラケーのデザイン。



まあ、たまには701系電車の旅でもいいかな。

日曜日午前中早い時間で空いていたことが、良かったと思います。
平日の同時間は、もっと通勤通学客で混雑しそうです。

でもやっぱり、50系客車、旧型客車に乗った頃のことばかりが、乗車中思い出してばかりでした。
  

Posted by よっぱらいくま at 17:40Comments(0)TrackBack(0)旅行記

2020年09月22日

鷹ノ巣駅

常磐線・秋田内陸縦貫鉄道・日本海縦貫線の旅


奥羽本線 鷹ノ巣駅。
秋田内陸縦貫鉄道を降りて乗り換え待ち、約1時間あるので駅前を散歩。
通過したことは何回もあるけれど、下車するのは初めてです。

駅舎がポツンと灯りが輝いています。



駅前は午後6時にしてほぼ無人、商店はほとんどシャッターが降りています。
営業時間が終わったのか、もともとシャッター街なのかわかりません。
営業している店もあるけれど、昭和で時間が止まったような雰囲気です。







さすがは日本海縦貫線の奥羽本線、コンテナ貨物列車が通過していきます。







昔、昭和56年の夏、旧客に乗ったときの長時間停車でホームに降りたときに撮影。



同じ場所で撮った写真は向きが逆でした。


あ~、これから701系電車に1時間半乗って、秋田に向かいます。
うんざり。  

Posted by よっぱらいくま at 17:39Comments(0)TrackBack(0)旅行記

2020年09月22日

秋田内陸縦貫鉄道

常磐線・秋田内陸縦貫鉄道・日本海縦貫線の旅


秋田内陸縦貫鉄道。

鷹ノ巣から比立内までの阿仁合線、角館から松葉までの角館線と、長い間分断されていたけれど、日本鉄道建設公団の手で工事は着手されて凍結されていた松葉-比立内間が平成元年に開業して、ひとつの鉄路となった。

繋がることなく全線廃止された北海道の興浜北線、興浜南線とかに比べたら幸福な線かな。
三江線は長らく、三江南北線に分断されていてやっと全線開通したのもつかの間、つい最近全線廃止になっちゃった例もあって、悲喜こもごもです。


内陸線 角館駅舎


待合室内

窓口で鷹巣までと、その先のJR区間も通しで買えないかと尋ねると、通し発券はできないと言われ、鷹巣まではフリーきっぷの方が安い(1700円が1500円)とのことで、じゃあそれちょうだいと頼みました。
でも窓口氏は秋田まで行くなら、あきたホリデーパスの方が断然安いよと案内してくれました。
秋田内陸縦貫鉄道も秋田県内のJRも乗り放題で2440円。鷹巣-秋田間を単純に計算しても1500円くらいだから、安い。
ここでは扱ってないので、JRの窓口で買ってと言われました。
秋田内陸縦貫鉄道の窓口氏の人の好さを実感しました。
自社発券の収入になるのを逃がして、JRの発券を案内するなんて。



このあとも、鷹巣までのきっぷを所望する客には、フリーきっぷが安いと案内していました。

こういう鉄道は応援したくなります。




角館を発車、田沢湖線(秋田新幹線)が離れて行きます。



急行もりよし3号と交換、団体列車が増結しているようで車内の大宴会の様子が見えました。



案山子がお出迎え。








景色が良いとアナウンス、徐行で通過。



阿仁合駅、昭和の、国鉄の雰囲気が残っています。





手を振ってお見送りしてくれました。



停止標識の上に、赤とんぼ。この時期の東北は赤とんぼがどこでも乱舞しています。



田んぼアートがある度にアナウンスがあり、徐行してくれます。





鷹の巣駅に到着。



夕暮れの内陸線、鷹巣駅。



車内は地元の人2割、角館-鷹巣間を通しで乗った観光客(鉄道マニアではない)8割といった感じでした。
コンパクトだけど高性能なカメラを首から提げて(通だな!)一人乗って写真を撮りまくっている若い女の子やカップル、家族連れなど、鉄道に関心を持ってくれるのはうれしいです。
私が若かりし頃は考えられない、客層の変化を感じました。  

Posted by よっぱらいくま at 17:39Comments(0)TrackBack(0)旅行記

2020年09月22日

常磐線 全線開通

常磐線・秋田内陸縦貫鉄道・日本海縦貫線の旅


今年3月、東日本大震災で不通となっていた、富岡-浪江間が開通し、全線開通し特急ひたち号仙台行きも復活したので、乗ってみました。


水戸駅へ到着するひたち号仙台行き。

車内は9割方席が埋まっている盛況ぶり。

津波でやられた区間をいきます。
至る所で工事をしています。
広野駅


富岡駅
ここから最後の開通区間


大野-双葉間
倒壊した家がそのまま。この辺りは駅周辺以外未だ、帰還困難区域のはず。


双葉駅





内陸に移設された新地駅、津波で電車が流された映像は強烈でした。
亘理駅、亘理という地名も。

定刻に仙台駅へ到着しました。
仙台駅、発着する普通電車内は相当混雑しています。この時間の山手線よりも混んでいるぞ、日曜日の昼下がり。
駅構内も混雑していました。





  

Posted by よっぱらいくま at 17:38Comments(0)TrackBack(0)旅行記

2020年09月22日

鹿島臨海鉄道で水戸へ

常磐線・秋田内陸縦貫鉄道・日本海縦貫線の旅


鹿島神宮で鹿島臨海鉄道に乗り換え。

最近、新車が導入されているけれど、新車はオールロングシート。
待っている列車は、開業から走り続けている車両で良かった。

高校生が結構乗り換えていたので急いで乗車。
写真は前に撮ったもの。


北鹿島駅、今は鹿島サッカースタジアム駅である、JRと鹿島臨海鉄道線の境界駅には、機関車が。


この車両は、新幹線0系の座席を流用しています。


日本一長い駅名だった「長者ヶ浜潮騒はまなす公園前」は今は他の駅に一位の座は明け渡していて、駅名標のすみっこに、日本一長い駅名に「東」を吹き出しで付け加えているところが笑えます。


水戸駅のホームに特急ひたちの車両を模した売店があります。
同様の売店は、旧国電80系を模した売店が藤沢駅にもあります。


続き
  

Posted by よっぱらいくま at 17:38Comments(0)TrackBack(0)旅行記

2020年09月06日

樽見鉄道 神海駅

久しぶり、たぶん25年ぶりくらいでしょうか、神海駅へ車で立ち寄りました。
国鉄時代は「美濃神海」駅、樽見鉄道になってから今は神海駅。
揖斐川町に住んでいた頃は、写真撮影で本巣駅やここへちょくちょく寄っていました。
外観はほとんどかわらず、駅舎内はいろいろなグッズがたくさん並べられていました。
古いオーディオ機器から、ラジオ放送が流れていました。













  

Posted by よっぱらいくま at 14:06Comments(0)TrackBack(0)乗車記 私鉄

2020年09月06日

舎人ライナー

舎人ライナーに初めて乗ってきました。
開業してどれくらい経つのだろうか。
どこへ行くの、終点はどこ?
予備知識、ほぼゼロ。
日暮里から出ているくらいしか知らない。

クロスシートとロングシートが組み合わさった車内。
これなら景色も見られるな、っと、ちょっとうれしくなりました。
行きはクロスシートで景色を見ていると、すれ違う電車の先頭の運転席らしきスペースに、普通に客が座っています。
完全自動運転で、運転士はいないことがわかりました。
本当、何も知りませんでした。
というわけで、帰りはしっかりと先頭席をキープしました。

日常の乗車の中、誰もあえてそこを狙っている人は皆無でした。



終点の見沼代親水公園駅、何も特徴のない駅前。
バス乗り場が一応あります。



電車が到着。



先頭席は2人掛けと1人掛けが並んでいます。

発車、無人運転とは思えないスムーズさ。







荒川を渡る手前でかなり登ります。


続いて隅田川を渡ります。


ビルの谷間を進みます。


終点日暮里の手前で、90度右カーブ。







日暮里到着、短い旅でしたが、満足。
このあと、近くの谷中商店街へ行きました。


  

Posted by よっぱらいくま at 10:59Comments(0)TrackBack(0)乗車記 私鉄

2020年07月12日

熱海-東京 東海道線グリーン車の旅2

 名古屋から東京への定番となっている、熱海-東京の東海道線グリーン車の旅。
 静岡駅の幕の内が一番なんだけど、静岡駅の新幹線ホームの駅弁店はウイルスのせいで、臨時休業が継続中。
 熱海駅の幕の内も捨てがたいが、今回は名古屋駅で「こだま弁当」をあらかじめ調達して新幹線に乗りました。
 こだま弁当も正統派幕の内だけど、チキンカツが存在を主張していました。
 味も正統派、おいしいです。
 名古屋で買った駅弁を、熱海からのグリーン車で、いつものとおりビールをお供に味わいました。
 


  

Posted by よっぱらいくま at 10:47Comments(0)TrackBack(0)乗車記 JR

2020年07月04日

鹿島線延方駅

 JR鹿島線は、千葉県の佐原駅(起点は香取駅)と茨城県の鹿島神宮駅を結ぶ短い路線です。
 昭和45年の開業で、土木構造物は新幹線並みです。全線高架か切り通し、トンネルを走り踏切はなく、利根川と北浦という大きな河川と湖を渡るため2つの長い鉄橋が架けられた、建設には金がかかっている贅沢な路線です。建設時期からも新幹線そっくりで、鉄道建設公団により建設されました。
 そこも今は4両編成の209系が朝夕は1時間間隔、日中は2時間間隔の、朝だけ通学の高校生で混雑するだけのローカル線です。







下り鹿島神宮行きが到着。数人の客が乗り降りしました。




特急あやめが走っていたときの名残。高速バスとの競争に敗れ、全面撤退しました。




片方の階段はなぜか閉鎖。




駅の近くに、近いといっても2~3キロ離れた北浦湖畔に白鳥の里というところがあります。
人が定期的に餌付けしているので、冬季はたくさんの白鳥や鴨が群れています。







近づいても逃げるどころか寄ってきます。でもエサをやらないと戻っていきます。
エサは食パンに限ると付近の看板に書いてあります。




延方-鹿島神宮間の北浦橋りょう。
延長1キロ以上あり、たくさんの橋脚が見えています。
北浦の水深は数メートルと浅いですが、見えている部分の橋脚のひとつひとつの基礎杭は約60メートルあり支持層まで届いています。

全線高架か切り通しとトンネル、踏切もなく、利根川橋りょうと北浦橋りょうという2つの長く立派な橋を備えた、とにかく建設には金のかかった路線です。。  

Posted by よっぱらいくま at 14:44Comments(0)TrackBack(0)

2020年06月14日

熱海-東京 東海道線グリーン車の旅

名古屋から東京駅へ向かうとき、熱海から東京まで、在来線のグリーン車に乗り換えるのが、最近の定番です。
ビールを飲みながら駅弁をつつくのがお気に入りです。
熱海の幕の内弁当も、定番幕の内です。つまみにするには幕の内弁当が最適です。





根府川-真鶴間の旧線跡の廃線トンネル、真鶴方の坑口です。上り電車からだと撮影しやすいです。


根府川の鉄橋から。


早川-小田原間から見えるこのお店跡。
平成一桁頃かな、行列が絶えなかった店があったところです。午後3時4時頃でもいつも行列があったけれど、なんの店だったんだろう。どこかへ移転したのかな。



多摩川の河川敷。ここ昭和50年代のテレビドラマ、Gメン75とかでの場面によく登場していました。
国鉄と京急に挟まれた、特徴的なところなのでよくわかりました。
そんなことを思い出しながら、景色を見ています。
池袋西口近くの東武東上線の際の高架下での場面も、Gメン75でよく見ました。



スイカ在来線グリーン券は、総武線方面へも乗り換えても、通しで乗れるのでお得です。
たまに東京駅下車の際に、グリーン券情報引き継ぎのためのタッチを忘れることがあるけれど、乗り換えたグリーン車で緑ランプにできなくてそのまま乗車しても、車掌の持つ機械で照会すると、グリーン券情報は残っていることが確認できるので、大丈夫です。
  

Posted by よっぱらいくま at 13:18Comments(0)TrackBack(0)乗車記 JR

2020年06月14日

新幹線に乗って

 6月に入り、久しぶりに新幹線で東京、名古屋を往復しました。
 一言で言ってまだ、乗客数は戻っていません。




誰もいないこだま号。
日曜日の午前中、名古屋から熱海まで乗りましたが、2号車の乗客は、自分を除いて、
名古屋-豊橋 1名、豊橋-掛川 0名、掛川-静岡 1名、静岡-新富士 0名、新富士-熱海 1名でした。
熱海で私が降り、入れ替わりに3名乗車してきたので、熱海から4名という結果でした。もちろん、6、7号車はもっと乗っているけれど、せいぜい20人程度にしか見えませんでした。静岡、浜松からは一人も乗ってきませんでした。

浜松駅在来線ホームの屋根、長いホームの名古屋方の端の部分が撤去されていました。編成の長い寝台特急とかもなくなって10年以上経ち、短編成の電車に対応できる部分以外必要もなくなり、劣化もしてきて邪魔になってきたのでしょうか。


新幹線ホームの駅弁売店、豊橋、静岡、新富士、すべて閉まっていました。停車中に買い求める静岡の幕の内を手に入れることができません。





いつも新富士駅に停車中に気になっていた看板「カニパック」。
カニをパック、包装する専用商品かしら、それともカニ身がパックされた食品?それを大々的に宣伝する理由があるのかって、疑問でした。
いつもは気になってもすぐに忘れてしまうのだけど、今回は帰ってから調べたら、カニ殻のキトサンなどが原料の健康食品でした。新富士駅から見える範囲に少なくとも3つの看板があります。



東京から名古屋へ乗ったときの、のぞみ号もガラガラでした。
平日16時台4号車指定席、東京駅発車時点で乗客は数人、品川、新横浜からも2、3人しか乗ってきません。
新横浜をから出てから座席を向かい合わせにしました。
車内放送は、「会話は控えて、座席を向かい合わせにしないで」と言っているけれど、複数で向かい合って喋るなと言う趣旨と判断しました。私は一人。


新横浜を出たとき偶然、上空にオスプレイの姿が。初めて見ました。



車内ではビールを飲んでいるので、いつも名古屋で降りたらトイレに直行するのだけど、いつも満員の男子トイレ、誰もいません。夕方の名古屋駅、こんなこと初めて。誰もいないから写真撮ってしまいました。


新幹線改札付近も人、少な。


  

Posted by よっぱらいくま at 13:04Comments(2)TrackBack(0)新幹線

2020年05月06日

名鉄揖斐線 下方駅跡

 先日、岐阜へ行ったとき、名鉄揖斐線の根尾川鉄橋跡付近を車で走りました。
 昔はこの辺りでよく写真を撮ったものです。

 鉄橋の黒野駅方には下方駅がありました。
 結構、絵になる駅周辺でした。

 まずは昔の写真を。


 ほぼ同じ場所の現在。




 この場所から撮ったのが以下の2枚。

 対比できるように、現在の写真をトリミングして、画角を合わせて見ました。











 畑が柿畑になって、手前に新しい道路が出来ていて、築堤は草に覆われていて、変貌しました。
 背景の家屋もかなり変わっています。
  

Posted by よっぱらいくま at 14:17Comments(0)TrackBack(0)廃線跡、未成線

2020年05月05日

つつじの季節

 1年前と同じ場所で、つつじと電車を撮りました。
 変わり映えしないというか、去年より下手かな。
 昨年のはこちら






















 車内には乗客の姿も見えたので、なんとなく安心しました。  

Posted by よっぱらいくま at 12:06Comments(0)TrackBack(0)撮影記

2020年05月01日

オレンジカード

今、使えるのか、知りません、オレンジカード。

スイカが登場するはるか前、国鉄時代に登場した「オレンジカード」。
要するにプリペイドカードだけど、券売機で現金を使わずに切符に交換できるだけ。
その後、自動改札機に直接投入して通過できる「IO(イオ)カード」が出てきたけれど、オレンジカードも地味に存続していました。

平成のはじめ頃、コレクションとしてよく購入しました。
入場券よりも遥かに高額で負担が大きかったけれど、就職していたのでなんとかなりました。
学生時代だったら集めるのは無理だったろうな。
金額分はちゃんと切符を購入して使用していました。
未使用で収集するようなこだわりは、ありませんでした。
JR西はアイドルのオレンジカードの販売に熱心でした。
















テレカも今はあまり使いませんね。  

Posted by よっぱらいくま at 17:25Comments(0)TrackBack(0)収集品

2020年05月01日

昔の米原駅

「昔の」としたけれど、私にとっては、つい最近の気がしますがもう相当前のことです。
前にも載せた写真もありますが・・・。





新幹線口と反対側の東口は、昔のままでした。
平成一桁まではこんな感じでした。

夜の駅前風景。なんとレトロな。








東海道本線下り1番線は、新幹線の開業前は、「つばめ」が通過したり、「はと」が停車してにぎわっていました。
ホームには洗面台もあって、往時の雰囲気が残っていました。
今は跡形もありません。

乗換通路も今はありません。










東海の117系と西の117系が並びます。
その奥は北陸本線の交直両用車と西の221系が。




SL北びわこ号の歴史は結構、古いです。



  

Posted by よっぱらいくま at 16:50Comments(0)TrackBack(0)昔話と昔の写真 国鉄・JR

2020年04月19日

新型コロナウイルス対策 石油ストーブ

ウイルス対策で空気清浄機の売れ行きが良いとか。

前々から思っていたのだけど、石油ストーブやファンヒーターとかを室内で使用すれば、
空気を燃やすわけだから、ウイルスとか細菌は完全に死滅しますよね。

エアコン暖房は、フィルターに付いた細菌やウイルスが室内に蔓延します。
だけど、ガスにせよ石油にせよ、燃やす系の暖房器具を使用することが、ウイルス対策には最も有効と思います。

暖房シーズンが終わりつつあるから書きました。
私見のつもりでも、こんなこと言って、灯油の供給や石油系の暖房機器が品不足になったら嫌だったので。
ま、私の私見ごときではならないか。

私は、石油ストーブ愛好者です。
暖炉にせよ囲炉裏にせよ、昔からある暖房器具って、換気さえ注意すれば、人に優しいのかもしれません。  

Posted by よっぱらいくま at 19:16Comments(0)TrackBack(0)日記

2020年04月19日

昭和の品川駅にて

 鉄道ジャーナルで品川駅を特集しています。

 それを読んで、昔の品川駅で撮った写真を探しました。

 川崎方にて、早朝から到着するブルトレです。


銀河


瀬戸


あさかぜ


みずほ



東京方にて、品川客車区を望む。
今は高輪ゲートウェイ駅前の再開発エリアのあたりかなあ。





新幹線に品川駅ができる前、0系が当たり前の時代。


品川駅臨時ホームでビアガーデンが開催されていたお話はこちら


  

Posted by よっぱらいくま at 09:06Comments(0)TrackBack(0)昔話と昔の写真 国鉄・JR